人工知能(AI)の歴史

世界の人工知能研究は約70年前にはじまり、ブームと冬の時代を繰り返して今に至ります。現在は第三次人工知能ブームとされています。

「平成 28 年版情報通信白書」(総務省) p.235 図表4-2-1-5 人工知能(AI)の歴史

図表の出典:「平成 28 年版情報通信白書」(総務省) p.235 図表4-2-1-5 人工知能(AI)の歴史
licensed under CC-BY 2.1 JP


産業への応用の機運が高まる

現在「人工知能技術の進展」「解析用ハードウェアの進展」「解析対象となるビッグデータの充実」など、データの利活用に必要な要素が揃ってきています。また、人工知能技術戦略会議による産業化ロードマップのひとつはヘルスケア・インダストリー関連です。高齢化社会の予防医療や人口減少対策の観点からも、人工知能技術の産業への応用の機運が高まっています。

「人工知能技術戦略」  p.17 別紙1(3-2) 産業化のロードマップ【健康/医療・介護分野】

図表の出典:「人工知能技術戦略」人工知能技術戦略会議(平成29年3月31日)
p.17 別紙1(3-2)人工知能とその他関連技術の融合による産業化のロードマップ【健康/医療・介護分野】


FRONTEOヘルスケアのAIの現状と今後

当社はヘルスケア・インダストリーの特性やニーズにあわせて人工知能を開発しています。今後もあらゆるデータを数値ベクトル化して扱うデータの種類を増やすとともに、解析タイプの高度化を進めていきます。

FRONTEOヘルスケアの目指すAI

FRONTEOヘルスケアの目指すAI


FRONTEOヘルスケアの人工知能 Concept Encoderとは に戻る

part 1: ヘルスケアで求められる人工知能とConcept Encoder開発の経緯 を読む

part 2: Concept EncoderのAI技術の強みと活用例 を読む