疼痛診療支援AIシステム

愛知医科大学、日本臓器製薬株式会社と共同で、慢性疼痛を早期に改善するための適切な診療を支援するシステムの開発を進めています。愛知医科大学の学際的痛みセンター(センター長:牛田享宏)の集学的診療データをConcept Encoderで解析し、複雑な慢性疼痛の診療を支援する「疼痛診療支援AIシステム」の実現に向け、共同研究を推進中です。

慢性疼痛保有者数 約2000万人

※ 出典:日本慢性疼痛学会
パートナー :
学校法人愛知医科大学、日本臓器製薬株式会社

疼痛診療支援AIシステムによって解決する課題

愛知医科大学の学際的痛みセンター(センター長:牛田享宏)の集学的診療のデータをConcept Encoderで解析し、複雑な慢性疼痛の診療を支援する「疼痛診療支援AIシステム」の開発に向け共同研究を進めています。

痛みの診断は、検査値などを用いた客観的評価を行うことが難しく、担当医師の経験や主観に依存しているのが現状です。特に慢性化した難治性の痛みに対しては、体の異常(生物学的要因)と、年齢・環境・社会的立場などからのストレス環境(心理的、社会的要因)を複合的に考慮する、専門分野の垣根を越えた集学的診療が望まれます。

当システムが完成することによって、超高齢・ストレス社会の日本で今後も予想される慢性痛患者数の増加に対して、多くの慢性疼痛患者に対する効率的かつ的確な診療支援が可能となり、医療従事者の負担軽減による医療経済的メリットの実現と、慢性疼痛患者の生活の質の向上(QOL)が期待されます。

疼痛診療支援AIシステムの概要

愛知医科大学は、痛みにおける国内で初めての集学的な治療・研究施設「学際的痛みセンター」を創設し、診療部門に痛み専門の整形外科医、麻酔科医、精神科医、看護師、理学療法士、臨床心理士らを配して慢性疼痛の集学的診療に取り組んでいます。痛みセンターでは年間延べ7,000人近くに治療を提供し、これまで長期にわたって改善されなかった痛みが改善するなどの成果を上げており、集学的医療としての様々な知見が蓄積されています。

そうした知見を人工知能「Concept Encoder」で客観的に解析し、新たな問診記録を重症度でスコアリングすることにより、医師が診断する際の数値的尺度として活用するシステムとなります。

疼痛診療支援システムの概要

Concept Encoderとは

Concept Encoder(コンセプトエンコーダー)は、FRONTEOヘルスケアが開発した人工知能(AI)です。自由記述のテキストデータを大量に含むヘルスケア関連のビッグデータを、エビデンスに基づいて有効に解析・活用することができます。

Concept Encoderの特徴や活用事例を読む

FRONTEOヘルスケアの製品/開発パイプラインを確認する