より高度かつ良質な医療が期待される時代に、人工知能技術を。

医療業界においても、膨大な情報=ビッグデータ解析による、高度で良質な医療が期待される時代となりました。FRONTEOヘルスケアは、エキスパートの暗黙知を学んで判断をサポートするFRONTEOの人工知能技術を医療業界へ最大限に展開し、人々が最適な医療サービスを受けられる手助けをすることで、正確なデータ解析から実現する健康かつ快適な未来の実現に貢献します。

個別化医療AIシステム

R&D Phase(研究開発段階)

個別化医療とは、遺伝情報の解析等で患者一人ひとりの体質や病態を把握した上で(個別化診断)、その人にあった、有効かつ副作用の少ない治療法(オーダーメード医療・個別化医薬品)や予防法(個別化予防)を提供する先端的な医療を指します。 今、日本は、国民一人ひとりがより適切な医療サービスを受けられる社会を目指し、国を挙げて個別化医療の実現に向け取り組んでいます。対象疾患として重点を置かれているのは、社会の高齢化にともない増加した「がん」や、まだ原因や治療法が確立されていない「難病」などです。 個別化医療の実現には、AIなどの革新的技術により、遺伝情報を含む個人の健康・医療データを利活用する新たなシステムの構築が必要となります。FRONTEOヘルスケアでは個別化医療の早期実現に向けて研究開発を進めています。

日本国内のがん罹患者数予測 約101万人

※ 出典:国立がん研究センター
パートナー :
非公開