[exam]人間ドックの検査説明:腹部超音波(エコー)

基本検査項目 / 執筆 : FRONTEOヘルスケア

腹部超音波(エコー)

超音波を発する装置を腹部にあてて、肝臓やすい臓など、内臓の状態をモニターに写し、異常の有無を検査します。

 

どういう検査?

肝臓、胆のう、すい臓、腎臓、脾臓、そして腹部大動脈について検査を行います。超音波の反射によって、モニターには内臓の様子が白黒の画像となって写されます。その画像から、腫瘍や胆石などの有無を確認します。

基準値 「正常」や「異常なし」、「所見なし」との診断になります。
要注意 「所見あり」や「異常あり」との診断になります。所見が認められた臓器によって疑われる病名は様々です。内容によっては、さらに精密な検査が必要になる場合もあります。

知っておきたい

  • すい臓など、身体の奥にある一部の臓器には超音波が届きにくいため、場合によっては検査が困難なことがあります。

 

腹部超音波検査でわかるおもな病気

  • 肝臓/すい臓/腎臓がん
  • 胆石
  • 腎結石

出典:YOUR DOCK編集部(検査一覧に戻る