[exam]人間ドックの検査説明:子宮頸部細胞診

基本検査項目 / 執筆 : FRONTEOヘルスケア

子宮頸部細胞診

子宮の入り口である頸部の細胞を採取し、細胞ががん化していないか、膣内が炎症を起こしていないかなどを調べます。

 

どういう検査?

膣にブラシやヘラなどを入れて、子宮の入り口を軽くこすって採取した子宮頸部細胞に異常がないか調べます。
採取した細胞に異常がみられ、がん化している可能性がある場合は、改めて精密検査を行い、がん化の有無を確認します。

基準値 NILM
要注意 ASC-US、不適正標本(細胞の採取がうまくできず、判定不能な場合)
要精密検査 ASC-H、LSIL、HSIL、SCC、AGC、AIS、Adenocarcinoma、Other malig

知っておきたい

  • 子宮頸部の細胞採取を医師が行うか自分で行うかは施設によって異なります。自分で選べる施設もあります。
  • 子宮体がんを調べるには、子宮体部細胞診、経膣超音波などの受診が必要です。

 

子宮頸部細胞診でわかるおもな病気

  • 子宮頸がん
  • トリコモナス膣炎
  • カンジダ膣炎

出典:YOUR DOCK編集部(検査一覧に戻る