[exam]人間ドックの検査説明:レディースドック

専門ドック / 執筆 : FRONTEOヘルスケア

レディースドック

乳がん・子宮がんなど女性に多い病気の検査を強化した女性専用の検査コースです。

 

レディースドック・婦人科検診とは?

レディースドックや婦人科検診という名前で呼ばれる女性専用の検査コースは、それぞれの実施施設が女性の健康チェックに欠かせないと考える検査を組み合わせたものです。
女性特有の病気は妊娠にも影響し、気付かずに放置していると、ライフプランが狂ってしまうこともあります。
また女性の身体は閉経を境に大きく変化するため、年代ごとに気をつける病気も変わります。

思い通りに生きるには、元気な身体が必要です。20歳から、定期的なチェックアップを始めましょう。

 

レディースドック・婦人科検診の検査メニュー

一般的に、レディースドックは基本の人間ドックに乳がん検診子宮がん検診を組み合わせたもので、婦人科検診は乳がん検診子宮がん検診のセットをさします。レディースドックの中には、がんの可能性を調べる腫瘍マーカー検査や、女性に多い甲状腺の病気を調べる甲状腺検査なども行う施設もあります。
最近は、このほかに、「プレミアムレディースドック」などの名称で、さらに脳ドックを追加したものなどさまざまなコースが出ています。じっくり吟味して、賢く選びましょう。

 

レディースドック・婦人科検診の料金相場

40,000〜60,000円

※検査内容、料金は施設により異なります

 

レディースドック・婦人科検診のおもなメニュー

レディースドックでは、人間ドックの基本検査の他に、以下のメニューがおもに組み合わされています。

  • 乳がん検診
  • 子宮がん検診
  • 腫瘍マーカー
  • 甲状腺検査

 

乳がん検診

女性がかかるがんで最も多い乳がんの検診です。乳がんは早期発見すれば完治することも可能で、生存率も高いことが知られています。

乳がん検診でおもに行われる検査の比較

※検査は施設により異なります。

検査名 メリット デメリット
乳房触診
  • 放射線被曝がない
  • しこりのできない「炎症性乳がん」などが見つかりやすい
  • ごく初期のがんが発見されにくい
マンモグラフィー
  • 初期の乳がんが発見されやすい
  • 石灰化を見つけやすい
  • 良性と悪性腫瘍の区別がつきやすい
  • 痛みを感じやすい
  • 微量の放射線被曝がある
  • 乳腺の密度の濃い40歳未満ではしこりを見つけにくい
  • 妊婦は受けられない
  • 非常に大きくなったがんが見落とされることがある
乳腺超音波
(乳腺エコー)
  • 痛みがない
  • 乳腺と区別がつきやすく、しこりの発見がしやすい
  • 良性と悪性腫瘍の区別がつきやすい
  • 乳腺の密度の濃い40歳未満の検査にも適している
  • 放射線被曝がない
  • 妊婦中も受けられる
  • 良性の病変が検出されやすい
  • 技師や医師に経験が必要
乳腺MRI
  • 正常な乳腺と、病変を区別できる
  • 良性/悪性の鑑別ができる
  • 乳がんの広がりの範囲がわかる
  • 被曝がない
  • 検査中、大きな音がする
  • 造影剤を使う場合、副作用が出る場合がある
  • 身体の中にペースメーカーなどの機器や金属がある場合には受けられない
  • 妊娠中は受けられない

 

子宮がん検診

子宮がんは子宮頸がんと子宮体がんがあり、それぞれ違う検査で調べます。経膣超音波(経膣エコー)では、卵巣がんなども調べることができます。子宮内膜症や子宮筋腫などもわかります。

子宮がん検診でおもに行われる検査の比較

※検査は施設により異なります。

わかる病気 メリット デメリット
子宮頸部細胞診
  • 子宮頸がん
  • 子宮頸がんの検出には欠かせない
  • 内診のため検査方法に抵抗を感じる場合がある
  • 月経時には検査できない
経膣超音波
(経膣エコー)
  • 子宮腺筋症
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜増殖症
  • 子宮体がん
  • 卵巣がん
  • 卵巣のう腫
  • 様々な子宮の病気を検出できる
  • 内診のため検査方法に抵抗を感じる場合がある
子宮体部細胞診
  • 子宮体がん
  • 子宮体がんの検出には欠かせない
  • 内診のため検査方法に抵抗を感じる場合がある
  • 痛みを感じる場合がある
  • 少量だが出血する場合がある
  • 月経時には検査できない
  • 未産婦では採取に困難な場合がある
骨盤腔MRI
  • 子宮体がん
  • 子宮頸がん
  • 子宮内膜増殖症
  • 子宮筋腫
  • 卵巣のう腫
  • 卵巣がん など
  • 医師の内診がない
  • 様々な子宮の病気を検出できる
  • 時間がかかる(30分〜1時間)
  • 機械音がうるさい

 

腫瘍マーカー

血液検査でがんの可能性があるときに見られる物質を測定します。

 

おもな腫瘍マーカーと関連するがん

腫瘍マーカー がん発症が疑われる臓器(◎:高い陽性率、〇:比較的高い陽性率)
消化管 肝臓 胆嚢 膵臓 乳房 卵巣 子宮 前立腺
AFP
CA19-9
CEA
CYFRA21-1
SCC
PIVKA-Ⅱ
proGRP
エラスターゼ1
女性特有 CA125
CA15-3
男性 PSA
γ-Sm

 

甲状腺検査

甲状腺の病気は、女性に多いことが知られています。
甲状腺はのど仏の下に位置し、蝶が羽を開いたような形をしています。

甲状腺

甲状腺のおもな病気

甲状腺の病気 病気の男女比 おもな症状 知っておきたい
甲状腺機能亢進症 男性:女性

1:4

  • 甲状腺が腫れる
  • 汗をよくかく(多汗)
  • 動悸がする
  • 食欲増進
  • 体重の減少
  • 眼球突出
    (がんきゅうとっしゅつ)
    (バセドウ病に特異的)
  • 落ち着きがない
  • 手が震える
  • バセドウ病である場合が多い
  • 発症のピークは30代
  • ホルモン検査でT3、T4の値が高くなる
  • ホルモン検査でTSH値が低くなる
甲状腺機能低下症 男性:女性

1:20

  • 甲状腺が腫れる
  • 寒気
  • 皮膚の乾燥
  • 無気力
  • 眠気
  • 食欲不振
  • 体重の増加
  • 徐脈
    (じょみゃく:脈拍数が少なくなる)
  • 脱毛
  • 貧血
  • 橋本病である場合が多い
  • 幅広い年代に発症
  • ホルモン検査でT3、T4の値が低くなる
  • ホルモン検査でTSH値が高くなる
甲状腺がん がんの種類による
  • 甲状腺の腫れ
  • 自覚症状はほとんどない
  • 乳頭がん、濾胞(ろほう)がん、髄様(ずいよう)がん、未分化がん、悪性リンパ腫などの種類がある
  • 甲状腺がんの約90%は乳頭がん

 

甲状腺の検査

ホルモン検査

血液検査で甲状腺ホルモンの血中濃度を調べます。甲状腺ホルモンにはサイロキシンT4トリヨードサイロニンT3があります。この一部が活性化された遊離型ホルモンFT4FT3となり全身で作用します。一般的に甲状腺ホルモン検査では、T3、T4に加えて脳から甲状腺ホルモンを調節するために分泌されている甲状腺刺激ホルモン(TSH)の値も調べます。

 

甲状腺ホルモン検査の基準値

要受診 基準値 要受診
T3 < 2.5
T4 < 0.8
TSH < 0.34
T3 2.5~5.0
T4 0.8~1.7
TSH 0.34~4.0
FT3(T3) ≧ 5.1
FT4(T4) ≧ 1.8
TSH ≧ 4.01

(単位:FT3(T3):pg/mL、FT4(T4):ng/mL、 TSH:μIU/mL)

甲状腺超音波検査

超音波を使って体内の甲状腺を調べる検査です。甲状腺に超音波をあてて、そこから返ってくるエコー(反射波)を受信して甲状腺を画像化して検査します。超音波検査では、甲状腺全体の確認や、甲状腺の腫れやしこりの位置、形状、内部の状態などを調べます。

 

検査のながれ(一例)

  1. 検査着に着替え、診察台に横たわります
  2. のどにゼリーを塗布し、その上から超音波機器の探触子をすべらせて画像を撮影します
  3. 検査自体は10分程度です。
  4. 画像は専門の診断医が確認し、後日結果が送られてきます

 

甲状腺検査でわかるおもな病気

  • 甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)
  • 甲状腺機能低下症(橋本病など)
  • 甲状腺がんなど

出典:YOUR DOCK編集部(検査一覧に戻る