[exam]人間ドックの検査説明:聴力

基本検査項目 / 執筆 : FRONTEOヘルスケア

聴力

どのくらい小さな音まで聞き取れるか検査し、難聴があるかどうかを調べます。
難聴がある場合、その程度やどの部位が原因なのかが大まかに分かります。

 

どういう検査?

ヘッドホンをした状態で、高い音と低い音の2つの音を聞き、どのくらい小さい音から聞こえるのか調べます。音の高さは一秒間に音の波が振動する回数、周波数で決まり、Hz(ヘルツ)という単位で表されます。

1000Hzの低い音は日常会話に必要な聴力を調べるため、4000Hzの高い音は騒音によるストレスによって生じる難聴の早期発見のために用いられます。

音の大きさはdB(デシベル)という単位で表され、1000Hzでは30dB以下、4000Hzでは40dB以下で聞き取れれば「異常なし」とされます。

周波数 基準範囲 要注意 異常
1000 Hz 30以下 35 40 以上
4000 Hz 30以下 35 40 以上

* 単位:dB(デシベル)

 

聴力検査でわかるおもな病気

  • 難聴

出典:YOUR DOCK編集部(検査一覧に戻る