[exam]人間ドックの検査説明:大腸内視鏡

オプション検査項目 / 執筆 : FRONTEOヘルスケア

(監修:芝大門 いまづクリニック院長 今津嘉宏)

大腸内視鏡

内視鏡を肛門から挿入し、直腸から盲腸までの大腸全体をモニターで直接観察する検査です。

 

どういう検査?

大腸の検査には、他に便潜血検査、肛門からバリウムを入れる大腸X線検査やCT検査があります。これらの検査では、異状の有無、ある程度大きな病変の有無の確認はできますが、最終的には内視鏡による正確で質の高い診断が必要です。
内視鏡検査では、病変があれば組織の一部を採取する生検を行うことができ、病理検査、ポリープやがんを内視鏡により切除する治療が可能です。

検査は、約20分です。

大腸の長さに個人差があり、開腹手術の既往がある方は、時間がかかる場合があります。

 

検査のながれ(一例)

内視鏡により大腸粘膜を観察するため、粘膜に便や食物の一部が付着していると観察がスムーズに進まず、正確な診断の妨げとなります。このため、前日までに大腸粘膜に付着物がないような処置を行う必要があります。検査のながれは医療施設により異なります。

 

1. 検査の2日前

繊維質の少ない消化されやすいものを食べます。

 

2. 検査前日

検査食を渡された場合は20時ごろまでに食べ終わり、寝る前に下剤を飲みます。

 

3. 検査当日

食事をせず、事前に渡された下剤(約2L) をゆっくり2時間位かけて飲みます。飲み始めや途中で、腹痛、吐き気、めまいなどの異常を感じたら飲むのを止め、病院に連絡し指示に従ってください。お茶、お水やスポーツドリンクなどの水分を飲むことはできます。

 

4. 検査

検査台に横たわり、お腹の力を抜きます。鎮静剤を注射し、場合によっては鎮痙剤も注射します。肛門から内視鏡を挿入し、観察します。痛みはほとんどありませんが、痛みを感じたら医師に知らせてください。

  • 生検やポリープ切除を行った場合は出血予防のため、5日間は運動や飲酒を控えてください。
  • 鎮静剤を使いますので、検査後の運転は控えましょう。

 

大腸内視鏡検査のメリット・デメリット

メリット

  • 粘膜表面の色調や凹凸などの情報量が極めて多い
  • 生検により組織を採取可能

デメリット

  • 穿孔、出血などの偶発症
  • 検査中の腹部膨満感

 

大腸内視鏡検査でわかるおもな病気

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 粘膜下腫瘍
  • 炎症性疾患
  • 潰瘍性疾患
  • 大腸憩室など

出典:YOUR DOCK編集部(検査一覧に戻る