[exam]人間ドックの検査説明:身体計測

基本検査項目 / 執筆 : FRONTEOヘルスケア

身体計測

身長や体重から算出する肥満度や腹囲により、生活習慣病のリスクがわかります。

 

身体計測から算出する指標

体格指数(BMI)

BMI(Body Mass Index)とは体格を表す数値で、肥満ややせ過ぎを判定する目安になります。
身長と体重から次の計算式で算出します。

BMI = 体重kg÷ (身長m)²

  • BMIが22のときが標準で、最も病気にかかりにくい体格といえます。BMIが18.5未満で「低体重(やせ)」、18.5以上25未満で「普通体重」、25以上で「肥満」と判定します。
BMI基準値 18.5以上25未満
要注意 低体重:18.5未満肥満:25以上

腹囲

へその周りの腹囲を測り、メタボリックシンドロームの原因となる内蔵型肥満を判定します。

肥満のタイプは皮下脂肪がたまる皮下脂肪型と内臓のまわりに脂肪がたまる内臓脂肪型に分けることができます。
生活習慣病のリスクが高いのは内蔵脂肪型の肥満です。このタイプはお腹周りが出た体型になりやすいため、りんご型、ビア樽型などとも呼ばれています。

 

皮下脂肪(左)と内臓脂肪(右)

 

男性は85cm以上、女性は90cm以上で内臓脂肪が100cm²以上になると考えられ、生活習慣病の高血圧・糖尿病・脂質異常症のうち2つ以上が重なるメタボリックシンドロームの危険が高くなります。

 

男性 女性
腹囲基準値 85cm未満 90cm未満

知っておきたい

内臓肥満型肥満は男性によく見られますが、閉経後の女性もなりやすいので注意が必要です。

体脂肪率

体脂肪率は体内の全ての脂肪の割合を表す数値です。
必ずしも内蔵脂肪の割合だけを表すわけではないため、メタボリックシンドロームの評価には使われていません。

男性 女性
体脂肪率基準値 15~20% 20~25%
要注意 25%以上 30%以上

知っておきたい

最近、BMIは標準的でも体脂肪率が高い「隠れ肥満」の若い女性が増えており、両方の数値から健康状態を判断する必要があります。

 

身体計測検査でわかるおもな病気

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 高中性脂肪血症
  • 高尿酸血症/痛風

出典:YOUR DOCK編集部(検査一覧に戻る