[exam]人間ドックの検査説明:呼吸機能

基本検査項目 / 執筆 : FRONTEOヘルスケア

呼吸機能

肺活量や1秒間に吐き出す呼吸の量を測定して肺の機能を調べ、呼吸器の病気がないかをみる検査です。

 

%肺活量

%肺活量= 努力性肺活量 ÷ 予測肺活量 × 100

どういう検査?

肺のふくらみの程度で肺機能を調べる検査です。
1回の呼吸により測定した「努力性肺活量(FVC)」の値が、年齢、性別、身長から算出した「予測肺活量」の何%に当たるかをみて肺機能を調べます。
スパイロメータ―(測定装置)に向かって大きく息を吸ったり吐いたりします。

  • 息は全力で吸って吐くことがポイントです。
  • %肺活量が79.9%以下の場合は肺のふくらみが不十分であることを示し、肺線維症や間質性肺炎などの可能性が考えられます。
基準値 80%以上
異常値 79.9%以下

1秒率

1秒率= 最初の1秒で吐き出した呼吸量 ÷ 努力性肺活量 × 100

どういう検査?

1秒間に吐き出せる呼吸量の割合(%)を測定することで、肺の機能を調べる検査です。息を最大限に吸い込んだ後に、スパイロメーターに向かって思いきり吐き出したときの、最初の1秒間に吐き出した呼吸量から算出します。

1秒率が69.9%以下の場合は肺機能の低下が認められ、気管支炎や肺気腫などの可能性が考えられます。

基準値 70.0%以上
異常値 69.9%以下

呼吸機能検査でわかるおもな病気

  • 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫・慢性気管支喘息など)

出典:YOUR DOCK編集部(検査一覧に戻る