[exam]人間ドックの検査説明:便

基本検査項目 / 執筆 : FRONTEOヘルスケア

便

便の中に血液が混ざっていないかどうかをおもに調べる検査です。2回分の便の提出が必要です。

 

どういう検査?

通常であれば便の中に血液が混ざっていることはありませんが、消化管からの出血がある場合、便の中に血液が認められます。そのほか、大腸ポリープや大腸がんの場合にも便に血液が混ざります。痔の場合にも陽性反応が出る場合があります。
便潜血が認められた場合、さらに詳しい検査が必要になる場合があります。

基準値 2回とも陰性(-)
要注意 陽性(±)、(+)

知っておきたい

  • 便は受診施設から送られてくる専用キットで事前に採取します。がんなどがある場合、いつも出血しているとは限らないため、同じ回の便からではなく、別の回の便からそれぞれ採取した便を合計2つ提出します。

 

便検査でわかるおもな病気

  • 消化管の出血性の病気
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん

出典:YOUR DOCK編集部(検査一覧に戻る