[exam]人間ドックの検査説明:腫瘍マーカー

オプション検査項目 / 執筆 : FRONTEOヘルスケア

腫瘍マーカー

血液を採取し、悪性腫瘍である「がん」が作り出した物質の血中量を調べます。

 

どういう検査?

自分にがんらしきものがあるのかないのか、その手がかりを簡単にチェックすることができます。ただし、腫瘍マーカーについては良性の腫瘍や炎症があった場合に高い数値を示すことがあり、基準値以下であってもがんがないことにはならないので注意しましょう。

一般にはCTなどで見つかった腫瘍が良性か悪性か、完全に除去されたかどうかの確認として、補助的ではありますが、非常に有効な手段になっています。腫瘍マーカーには、非常に多くの種類があります。なお、腫瘍マーカーの基準値は測定法や医療施設の測定機器によって異なります。

 

おもな腫瘍マーカーと関連するがん

腫瘍マーカー がん発症が疑われる臓器(:高い陽性率、〇:比較的高い陽性率)
消化管 肝臓 胆嚢 膵臓 乳房 卵巣 子宮 前立腺
AFP
CA19-9
CEA
CYFRA21-1
SCC
PIVKA-Ⅱ
proGRP
エラスターゼ1
女性特有 CA125
CA15-3
男性 PSA
γ-Sm

 

検査結果での注意点

腫瘍マーカーは健康な人やがんと関連のない病気でも高い値を示す場合があります。以下の表にまとめましたので参考にしてください。

腫瘍マーカー 高い値を示す場合
AFP 肝硬変、肝炎、妊娠後期
CA19-9 糖尿病、慢性肝炎、慢性膵炎、子宮筋腫、良性卵巣腫瘍
CEA 良性疾患、喫煙者、胃潰瘍、肝炎、肝硬変
CYFRA21-1 良性肺疾患
SCC 腎不全、皮膚炎
PIVKA-Ⅱ ビタミンK欠乏時、肝障害
proGRP 腎機能障害
エラスターゼ1 良性膵疾患
女性特有 CA125 子宮内膜症、妊娠
CA15-3 子宮内膜症、肝炎
男性特有 PSA 前立腺肥大症、良性前立腺腫瘍
γ-Sm 前立腺肥大症

 

検査費用

検査では数種の腫瘍マーカーを組み合わせる場合が多く、男性ではPSA、女性ではCA125を含め5~6種、例えばAFP、CA19-9、CEA、CYFRA21-1、proGRPで約10,000円程度です。腫瘍マーカー1種は約3,000円、腫瘍マーカー13~15種と全身PET/CT検査を組み合わせた場合は約120,000円です。

 

知っておきたい

新たな腫瘍マーカーと検査方法

未だ研究段階ではありますが、新しい腫瘍マーカーを探す研究が続けられています。
例えば、SPC18(大腸がん)、ULBP1(胃がん)、グリピカン3(肝細胞がん)、MAS1(乳がん)などが新たな臓器特異腫瘍マーカーとして注目されています。
また、未だ実用段階にはありませんが、腫瘍マーカーとして遺伝子のマイクロRNAも注目されています。

一方、これらの腫瘍マーカーを従来の手法より約100万倍の高感度で、しかも汗、尿、唾液や血液といった体液を使って検査でき、超早期診断を可能にする「1分子デジタルELISA法」の開発も進んでおり、将来的にはさまざまな検査に導入が期待されています。


出典:YOUR DOCK編集部(検査一覧に戻る