[exam]人間ドックの検査説明:胃カメラ(経口・経鼻)

オプション検査項目 / 執筆 : FRONTEOヘルスケア

(監修:芝大門 いまづクリニック院長 今津嘉宏)

胃カメラ(経口・経鼻)

口から内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸の粘膜を直接観察して病変の有無をチェックします。

 

どういう検査?

口からの場合はのどを、経鼻では鼻の内部を麻酔し、内視鏡を挿入します。場合によっては胃の運動を抑制する薬を、また検査に不安な方には、希望により鎮静剤などを注射します。なお、のどを麻酔した場合には検査後約1時間、誤飲防止から飲食はできませんし、鎮静剤の使用後には眠気等が残ることもあります。検査時間は約10分です。

検査のながれ

1. 検査前日

早めに夕食をとり、常用している薬を飲んでください。午後9 時以降、水やお茶以外の飲食物を口にすることはできません。

 

2. 検査当日

コップ一杯程度(約200mL)の水は飲んでも問題ありません。 血圧、喘息など、常用している薬はこの時服用してください。

できるだけ、食べたり飲んだりしないでください。

血液をサラサラにする薬、例えばバファリン等を服用している方は必ず医師に伝えてください。

自家用車を運転しての来院は避け、できるだけ公共交通機関を利用して下さい。

 

3. 検査

最初に、消化液を中和する薬を服用します。その後、口の中、のどの麻酔を行います。麻酔薬は反射を抑えるためですので、胃カメラがのどを通過するのは分かります。消化管の動きを抑えるための注射を行います。

胃カメラには、空気を送気する機能と、胃内容を吸引する機能があります。検査中、空気で食道、胃、十二指腸を膨らませて粘膜と粘膜のヒダを広げ、全体を観察します。また、余分な水分などは吸引します。
口腔内(舌、咽頭、喉頭など)、食道、胃、十二指腸を観察します。必要に応じて、組織検査を行います。

 

4. 検査終了後

終了後1時間はのどへの麻酔が効いているため、誤飲する可能性があります。飲食は避けてください。

生検を行った場合は、最低2日間、刺激物やアルコールや刺激の強い食品を摂取できません。

鎮静剤を使用した場合、眠気が残ることがあります。車の運転は避けましょう。

 

胃カメラ(経口・経鼻)でわかるおもな病気

  • 舌がん
  • 咽頭ガン
  • 喉頭ガン
  • 食道がん
  • 逆流性食道炎
  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 胃がん
  • 胃ポリープ
  • 胃粘膜下腫瘍
  • 十二指腸炎
  • 十二指腸潰瘍など

出典:YOUR DOCK編集部(検査一覧に戻る