[archive]乳がん検診を受けると中高年女性の死亡リスクが4割低下する

薬学博士編集 / 執筆 : FRONTEOヘルスケア

中高年女性(50-69歳)は、マンモグラフィによる乳がん検診を受けることで、乳がんで死亡するリスクを大きく低下させられるだろう、という報告がWHOの外部機関であるIARCから発表されています。

マンモグラフィ(乳房X線検査)による乳がん検診で、50-69歳の女性の乳がんで死亡するリスクが40%低下するようです。これはWHO(世界保健機関)の外部機関であるIARC(国際がん研究機関)のワーキンググループが最近の研究をレビューしてまとめたもので、米国の医学誌『ニューイングランド医学雑誌』に発表されました。

乳がんは世界中で最も多い女性のがんです。近年欧米では乳がん死亡率は低下傾向にありますが、日本では依然として上昇しており、早期発見のために乳がん検診の受診率向上が望まれています。

 

最新の研究成果に基づき乳がん検診の妥当性を検証

既にIARCでは2002年に乳がん検診のハンドブックを公開していましたが、その後マンモグラフィ装置や乳がん治療の大幅な改善がみられていることから、20年以上前に実施された介入研究(ランダム化対照臨床試験)に基づく評価の妥当性を見直すことにしたといいます。

今回は16か国の研究者からなるワーキンググループが質の高い11件の介入研究と40件の観察研究を包括的に分析した結果、50-69歳の女性で最も検診の有効性が高いというこれまでの結果が再確認されたということです。

英国などいくつかの国では国レベルでの乳がん検診プログラムが実施されており、50-69歳の女性は2年ごとに検診の通知を受けとります。解析によれば、このプログラムによって50-69歳の女性の乳がんによる死亡リスクは23%低下し、また実際にマンモグラフィ検診を受けた女性のリスクは約40%低下したと推定されました。

さらに、いくつかの研究では70-74歳の女性への乳がん検診の通知も同様に死亡リスクの低下に有効であることも報告されていました。また40-49歳の女性についての有効性を検証した研究はそれほど多くなく、それらの研究によれば、乳がん検診による死亡リスクの低下はそれほど顕著なものとはいえなかったということです。

「この分析は、世界中の女性にマンモグラフィ検診が私たちの命を救うものであることを確信させる重要なものです。乳がん検診は乳がんの早期診断とそれによる死亡リスクの低下に欠かせないツールであることを今回の分析は証明しています」と、今回の報告について、ワーキンググループの一員である英国ロンドン大学クイーンメアリー校のスティーブン・デュフィ教授はコメントしています。「英国においては極めて幸運なことに、NHS乳がん検診プログラムという50-70歳の全女性を対象にした検診システムが存在しています。検診の通知を受け取った女性は、このプログラムが国際機関の専門家らによって裏付けられたことでよりいっそう確信をもって検診を受けることができるでしょう。」

 

マンモグラフィ検診の有益性と有害性のバランス

乳がん検診の目的は、乳がんをなるべく早期に発見することで患者の予後を改善し死亡リスクを低下させることにあります。けれども、マンモグラフィ検診には良い面だけではないことも理解しなくてはなりません。偽陽性、過剰診断、検診自体のX線による発がんなどです。今回のレビューは、これらの有害性についても検討し、マンモグラフィ検診の有益性と有害性のバランスを慎重に評価した結果、50-69歳の全女性を対象に乳がん検診を実施することはリスクを上回る利益があると結論付けました。

「マンモグラフィ検診が有効であるというエビデンスはありますが、私たちは他の乳がん診断法、たとえば“デジタル乳房トモシンセシス”のような3D画像によって密度の高い乳房組織でも診断の信頼性を高める可能性を秘めた新しい方法の開発に力を注ぐ必要があります」とデュフィ教授は語っています。「私たちはまた、家族歴や遺伝子診断などによって明らかにされた乳がんリスクの高い女性のもっと効果的なスクリーニング法の開発の研究も継続していかねばなりません。私たちは高リスクの女性にはもっと早期から短い間隔で検診を行うといった修正が有効であるかどうかを充分に調べる必要があります。」

 

最後に

今回の報告では、40代の検診は推奨されていませんが、日本は欧米と異なり、乳がんの罹患率は40代が最も高いこともあって、現在でも40歳以上の受診が一般的です。もっとも国際的な動向を受けてこれを見直す動きもあるようです。受診に際しては、マンモグラフィの有益性と有害性を良く理解することが大切です。


出典:『ニューイングランド医学雑誌

出典:KENKO JIMAN編集部(薬学博士編集:山野秋生)