クラウド対応とデータパッケージを備えた「 創薬研究支援AIシステム 」を提供開始しました

プレスリリース / 執筆 : FRONTEOヘルスケア

ヘルスケア業界向けに独自開発した「客観性」「透明性」「再現性」を特徴として備える人工知能エンジン「Concept Encoder(コンセプトエンコーダー、特許第6346367号)」を用いた「創薬研究支援AIシステム」を本日より提供開始します。

1400万のPubMed論文、170万のOpen Targetsデータを備え、最短1週間で利用可能です。創薬のターゲット候補発見をスピードアップするAIシステムとなります。