FRONTEO、転倒転落予測システムの共同研究論文が国際的な医学ジャーナルJMIR Medical Informaticsに アクセプト

プレスリリース / 執筆 : FRONTEOライフサイエンスAI事業本部

株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本正宏)は、ライフサイエンスAI事業本部で共同研究を行った転倒転落予測システムの論文が、国際的な医学ジャーナル「JMIR(Journal of Medical Internet Research)Medical Informatics」にアクセプトされたことを発表しました。

JMIR Medical Informaticsは、JMIR Publicationsが発行する、臨床情報学、健康とヘルスケアのビッグデータ、電子医療記録、医療インフラに焦点を当てた、国際的な査読付きのオープンアクセス医学ジャーナルの1つで、ジャーナル評価分析ツールJournal Citation Reportsにおける2018年のインパクトファクター(文献引用率)は3.188で、カテゴリー「Medical Informatics」の26誌で上位のジャーナルです。