新しい人工知能技術でヘルスケアの課題解決に取り組んでいます。

FRONTEOヘルスケアでは、10件以上のプロジェクトが進行中です。ヘルスケア・インダストリーに最適化した新しい人工知能技術を駆使し、短期間で様々な課題に対して具体的な結果を出しています。

開発/製品パイプライン

領域 プロジェクト名 対象者数 企画段階 研究開発段階 製品化段階 実用段階
診断支援 精神疾患客観評価デバイス 精神疾患の患者数 約188万人
出典:厚生労働省「最近の精神保健医療福祉施策の動向について」(2015年)
疼痛診療支援AIシステム 慢性疼痛保有者数 約2000万人
出典:日本慢性疼痛学会
個別化医療AIシステム がん罹患者数予測 約101万人
出典:国立がん研究センター
指定難病の患者数 約94万人
出典:難病情報センター
ヘルスケア業務支援 転倒転落予測システム 入院患者数 約132万人
出典:厚生労働省「平成27年度 医療の質の評価・公表等推進事業報告書」
介護業務支援AIシステム 要介護/要支援認定者数 約620万人
出典:厚生労働省「平成27年度介護保険事業状況報告(年報)」
製薬業界支援 薬剤監視支援 薬価基準収載品目数 約17000点
出典:厚生労働省「保険局医療課長通知」
論文探索支援
研究開発支援
医薬品製造販売企業数 305社
出典:厚生労働省「平成27年度医薬品・医療機器産業実態調査」
MR効率化支援 医薬品関係企業数 318社
出典:厚生労働省「平成27年度医薬品・医療機器産業実態調査」

2018年2月現在(非公開の案件等を除く)

FRONTEOヘルスケアが取り組んでいる領域