医薬品の営業担当であるMR(医薬情報担当者)は、自社の製品情報を医療従事者に的確に届ける重要な役割を担っています。各種法令や医薬業界の自主規制を守りつつ自社の販売戦略に沿った営業活動を遂行するには、監査部門のチェックが不可欠ですが、業務量に対してベテランの担当者が不足している状況です。人工知能Concept EncoderがMRの日報や申請書を解析することにより、法令違反のリスクを最小化して営業活動の最適化を支援します。

医薬品関係企業数 318社

※ 出典:厚生労働省「平成27年度医薬品・医療機器産業実態調査」

MR効率化支援によって解決する課題

製薬企業のグローバル化に伴い、法令もグローバル対応が進んでいます。国内の製薬業界の各種団体も、自主規制を設けるなどして法令順守を強化しています。製薬企業は法令順守と営業活動のバランスをとりながら事業を展開していますが、経験豊富な担当者に監査業務が集中し、法令順守と営業機会損失のジレンマに陥っているのが現状です。また、MRに求められる法令の知識や製品情報も増え、若手MRの育成が間に合わずに離職を招く悪循環も発生していました。

そのような営業部門と監査部門の課題を、FRONTEOヘルスケアの人工知能Concept Encoderをで解決することができます。簡単な操作と迅速な情報分析によって、法令順守の監査スピードの向上と営業活動の最適化を実現し、コンプライアンス違反による事業停止のリスクを低減します。

MR効率化支援の概要

人工知能Concept EncoderがMRの日報や申請書のデータ全体を分析し、法令違反の恐れのあるデータを抽出します。

担当者はリスクの高い文書を効率よく把握することにより、危機管理対応をはやめに分担することができ、営業活動の軌道修正や最適化につなげることが可能です。

pharma_mr_image_01.png

Concept Encoderとは

Concept Encoder(コンセプトエンコーダー)は、FRONTEOヘルスケアが開発した人工知能(AI)です。自由記述のテキストデータを大量に含むヘルスケア関連のビッグデータを、エビデンスに基づいて有効に解析・活用することができます。

Concept Encoderの特徴や活用事例を読む

FRONTEOヘルスケアの製品/開発パイプラインを確認する